奄美の木

2016.12.13

現在進行中の計画で奄美の木材を使用できないかと

木材屋さんへ行ってきました。


松くい虫の影響でリュウキュウマツの木材もほとんど

島内には流通しておらず、

建築に使える資材として流通するのは30年~40年くらいはかかりそう

との事でした。

ガジュマルなども見せてもらいましたが、内地から仕入れた木の方が

安くつくよとの事事でした。

地産地消が出来れば奄美の活性化に少しでも繋がるけど、先立つ物も・・・・

少々複雑な思いでした。




↑汁が多く、カラスが運んだ貝殻などもかんで成長する為、製材屋泣かせのガジュマル



↑今となっては貴重な奄美大島産 リュウキュウマツ等